嫉妬や劣等感を持ったっていいことないよ!考えを変えよう!

ライフスタイル
やすまる
やすまる

まだまだ暑い日が続きますね・・・。

どうも!やすまるです。

突然ですが、ボクは小さい頃から内気で引っ込み思案な性格でした。(少しは社交的になってます)

あまり同級生に馴染めず友達も少なかった記憶があります。(現在も頻繁に連絡の取り合える友達は数人程度です。)

そのころは、クラスのリーダー的な子・勉強のできる子などに憧れていて「ボクもあんな風になりたなぁ」

と思い、社会人になった時も仕事のできる人やSNSなどで優雅な生活を送っている人をみていると、「いいなぁ〜ボクなんか全然ダメだ・・・。」と落ち込み劣等感を感じる時がありました。

嫉妬や劣等感って負の要素だけで全然いい事ないですよね?

今回は嫉妬や劣等感を感じずにポジティブな考え方になれる方法を考えてみました。

嫉妬や劣等感なんて悪い事だらけ

そうなんです!嫉妬や劣等感っていい事なんて全然ないです。

ボクが初めて組んだバンドとの出来事を例に話していきますね!

その当時、同い年のギターやってるA君が組んでいるバンドに誘われてバンドを組むことになりました。初めてのバンドだったので嬉しさと緊張が混じった感覚だったのを覚えています。(ボクはギターです。)

はじめは良かったのですが誘ってくれたA君や他のメンバーは音楽の知識も豊富な人達で、わからない音楽用語や演奏能力の違いで、会話に参加しにくく、次第に自分だけ取り残された気分になっていきました。

特にA君はずば抜けて演奏・作曲能力が高くバンドの中でもリーダー的な存在でした。今覚えば同い年だったこともあり勝手にライバル視してたのかもしれません。

バンドにギターが2人いると大体はリードギターサイド(バッキング)ギターに分かれるのですが、演奏能力が低かったボクが必然的にサイドに回っていました。

最初はサイドでも楽しかったのですが、次第に欲が出たしてリードがやりたくなってきました。

A君にお願いしたところ、「もう少し弾けるようになったらね!ボクもサポートするから!」

A君はバンドに加入する前からギターを教えてくれていました。

自分でも分かっていたのですが、初心者レベルのボクにはリードが出来る能力はなく、ただA君を羨ましいがることしかできませんでした。

そのころは、

やすまる
やすまる

なんでボクなんか誘ったんだろう・・・。単なるバッキング要員だったのかな?バンド楽しくない・・・。

と思うことが多くなり、適当な理由をつけてバンドをやめてしまいました。(A君には強く引き止められました。)

後から他バンドメンバーから聞いた話だったんですが

「同じ年でギターの子がいるんで入れいいですか?まだ初心者なんですが、いずれ2リードをやりたいんですよ!」

と言ってくれていたそうなんです。

それを聞いてすごく後悔しました。

嫉妬・劣等感を持つ前に自分を見つめ直せ!

では嫉妬や劣等感を持たないようにすつにはどうしたらいいのか考えてみました。

常に他人を尊重する

いろんなことを他人から吸収(勉強)するって考え方はどうでしょうか?

相手が自分と同等か下だと思ってるから嫉妬って生まれるんじゃないかと思うんです。目上の人や憧れている人にはそんな感情ってないですよね?

人を敬ったり、尊重すれば嫉妬って感情は薄れると思います。

本当に自分に関係ある?

これは劣等感に関してです。

隣の芝生は青く見える」って言うことわざもあるじゃないですか!

本当に自分に関係ありますか?よく見えている所はその人の一面だけをみているかもしれません。もう一度よく考えてみましょう!

でも、上であげたことを意識しててもでもやっぱり、嫉妬や劣等感って生まれちゃいますよね・・・。

もし、なってしまったらどうすれば良いのか考えてみました。

いったん冷静になって自分を見つめ直す。

なってしまったことは仕方ありません。

いったん冷静になって見つめ直しましょう

上記であげたように、自分に直接関係するとこですか?【人は人。自分は自分】精神で生きましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました