SNS時代ずーと動いてないでちゃんと休もう!てげてげで行こうよ!

ライフスタイル
やすまる
やすまる

どうも!やすまるです。

梅雨明けてから急に暑くなってきましたね💧

やすまるの仕事は外での作業がメインなので、大変辛い日々を送っております・・・。

 

今年はそのうえマスクも着用しないといけないし、サンザンですよ。

今はお盆休み中で家でゆっくりしているんですが、休みって本当に大事だなぁってしみじみ思ってます。

今回は自分の体験談を交えつつ休むことの重要性について書いていきます。

20代の頃は本当に働いた・・・。

 

ボクは高校卒業してすぐに父親が経営してる会社に入りました。

会社って言っても、従業員もいなくてボクが入社するまでは父1人でやってたんです。

その当時の仕事内容は、簡単に言えば精密機械の修理等の電気屋さんです。

 

父が会社を起こす前に働いていた会社が精密機械の修理をする所で、そこの下請けになったのが独立のきっかけになったそうです。

 

出張修理が主で、ボクが小さい頃はあまり家にいなかった記憶があります。

会社に入りボクも出張で1ヶ月ホテル生活を送っていたこともありました。そして入って2・3年後ぐらいからは、住宅の電気・水道業もやるよになってきました。(高校では電気科だったので、電気工事士を持ってました。)

 

仕事が増え、父と息子2人だけでは回らなくなり、従業員を雇うよになります。

 

その当時は、建設会社の下請けになり、新築工事など仕事が山のように入ってくるようになりました。

 

本当に急がしくて1年のうちに正月ぐらいしか休まなかった年が何年が続きました。(冗談じゃなくて本当です。)

ボクが30代に差し掛かろうがとしている時に、父が過労で倒れてしまいました

結果、他の病気にもなってしまい亡くなりました。

病気をかかった後も、変わらず働いていたことが命を縮めた原因でもあると思っています。

休みの重要性を感じた1つ目になります。

 

丸のこで指をざっくり・・・。

父がなくなった後は仕事も続かなくなり(電気工事はボクが担当していて、水道関係は父が担当しており水道の仕事に人員が必要だったため、どんどん従業員がいなくなってしまいました)

会社はお休みを取る形で、実質の廃業になりました。

経営や電気以外のことを学ばなかったことが一番の原因なんですけど・・・。

 

廃業後は、知り合いの水道・設備屋で働くことになります。

 

事務所は自宅から1時間半かかる場所でした。

朝6時半には事務所に集合していないといけなくて、5時前には家を出て帰りは19時ごろに終わり21時前に帰宅するって生活をしていました。

ここも忙しい会社で、1ヶ月2回ぐらいしか休みがなかったです。

その会社に入って半年ぐらいの出来事でした。

 

新築現場で床を切る作業をしていた時です。丸のこに木材を切る用のチップソーをつけて床を切っていたのですが、切っている最中に丸のこが跳ねてしまって、左指をざっくり切ってしまいました

 

 

これに関してはボクの不注意が原因が大きいですけど、切って救急車で病院に運ばれている時

 

やすまる
やすまる

いっときは休める!やったー。

って呑気な考えをしていました。

そこから結構長い病院生活が始まるとも知らずに・・・。

 

月2回ぐらいの休みだったけど、いがいにあまり辛いとは感じてはいなかたんです。

 

無意識に休みを欲していたんでしょね(もしかしたら仕事より入院したら朝早く通勤しなくてよくなると思ったのかもしれません)

体もだけど心も休みを欲してるんだよ!

 

ボクの実体験を話してきましたけど、体を休ませるってすごく重要なことですけど、それとおんなじぐらい心も休ませることも大切なんだな!って最近思ってきたんです。

 

SNSで誹謗中傷を浴びて落ち込んでる方とかよく見かけます。

圧倒的に誹謗中傷した人が悪いですけど、いったんSNSから離れて見ることも大事なんじゃないかなとおもうよになってきました。

他のことに目を向けるとか・・・

まぁ何事もほどほどがいいのかなっておもってます。

 

宮崎の方言で「てげてげ」って言葉があるんです。

ボク個人的には好きな方言で、(のんびり行こうよ)(いい加減でいい)みたいな意味なんですけど、すごくいい言葉だと思いません??

みんな働きすぎですよ!てげてげで行こうよ!

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました